Pocket


既にお目見えしたDS後継機の3DSを皮切りに、E3でプレイアブル版が公開予定の任天堂Wii後継機、PSP後継機のSONY「NGP」など、2011年は次世代機のヤマが来ています。そこに新たなウワサが。
詳細は続きからどうぞ!

(つづき)
英国のゲーム雑誌は、マイクロソフトが既にXbox360後継機を準備していてEA(Electric Arts)はこの開発機材を4月から保有していると報じています。しかも、マイクロソフトは任天堂に対し強い敵意を剥き出しにしているとの情報も一部流れていました。
これに対し、EAは正式に「この話は完全に作りごとです。100%真実じゃない / This story is a total fabrication – 100 percent not true」と報じています。アナリストによれば、マイクロソフト及びソニーは2014年に新型機を投入するのでは、と繰り返しています。
ちなみに、現在判明している事象としては、「NGPはPSP以上PS3以下のスペック」「Wii後継機はAMDのGPUを搭載、PS3/Xbox360と同等もしくはそれ以上の性能を有する」といったところまでです。
いずれにせよ、あと1ヶ月程度で今年のゲーム業界に多大なる影響を及ぼす変化が明らかになります。E3開催が楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください