E3にて次世代ハード遂に解禁!PlayStation 4 vs Xbox One

ps4xbox1アメリカのロサンゼルスで2013年6月11日から開催中のE3のカンファレンスにて、次世代ハード「Xbox One」(マイクロソフト)と「PlayStation4」(ソニー)のスペック・価格・リリース予定タイトル等に関する発表がありました!


では、今回発表された情報をもとに、前回記事の表を更新しましょう!

Xbox One PS4 WiiU Xbox360 PS3
CPU x86-64 8core AMD x86-64 Jaguar 8cores IBM PowerPC “Espresso” 3cores 推定1.24GHz
推定80GFLOPS
[Xenon]
IBM PowerPCカスタム 3cores 3.2GHz
115.2GFLOPS
[Cell Broadband Engine] 3.2 GHz
IBM PowerPC Custom x 1 + SPE x 7
218GFLOPS
GPU AMD Radeonベース 1.24TFLOPS (噂) AMD 次世代Radeonベース 推定800MHz 1.84TFLOPS (噂) AMD AMD Radeonベース(RV770) 550MHz 推定500-600GFLOPS [Xenos]
ATI(AMD) RADEONカスタム 500MHz 240GFLOPS
[RSX]
nVIDIA GeForce 7800GTX(G70)カスタム 500MHz 224GFLOPS
Memory DDR3 8GB (68GB/s) GDDR5 8GB (176GB/s) DDR3 Main : 1GB
System : 1GB
合計2GB (17GB/s)
DDR3 RAM(700MHz) 512MB (Main / VRAM共用)
eDRAM 10MB (GPU内)
Main : XDR DRAM(3.2 GHz) 256MB / VRAM : GDDR3(650 MHz) 256MB
操作 / リモート コントローラ / Kinect2 / Xbox Grass コントローラ / PS Eye / PS Move / VITA / PS Mobile コントローラ / GAMEPAD コントローラ / Kinnect / Xbox Grass コントローラ / PS Eye / PS Move / VITA / PSP
画面出力 HDMI (4KTV対応) HDMI (4KTV対応) / アナログ出力 HDMI / Component / Composite HDMI / アナログ出力 HDMI / アナログ出力
Strage HDD 500GB HDD 500GB Flashメモリ Basic 8GB / Premium 32GB
外部USBストレージサポート
HDD / 内蔵Flashメモリ HDD
Cloud Strage あり あり なし なし なし
互換性 互換なし 互換なし/クラウドによる配信サービス検討中 Wiiソフト・周辺機器に互換(一部除く)
Virtual Console(FC/SFC/GB等)
Xbox(一部/Emulation) PS1(Emulation) ※初期型のみPS2互換
ゲームインストール 可能(起動時ディスク不要) 未定 なし 可能(起動時ディスク必須) 対応ソフトのみ可能
操作 / リモート コントローラ / Kinnect2 / Xbox Grass コントローラ / PS Eye / PS Move / VITA / PS Mobile コントローラ / GAMEPAD コントローラ / Kinnect コントローラ / PS Eye / PS Move / VITA / PSP
音声操作 可能 未定 なし なし なし
オンラインサービス XboxLive PlayStation Network 任天堂ネットワーク XboxLive PlayStation Network
発売時期 2013年11月 2013年年末商戦 2012年 2005年 2006年
発売当時価格 $499 $399 Basic 26,250円 / Premium 31,500円 20GB 39,795円 20GB 49,800円 / 60GB 59,800円
付属品 Kinect2
Wireless Controller
XboxLive 14日間Gold会員コード ※限定版はGold会員1年分コード
その他
DUALSHOCK4
ヘッドセット
電源コード
HDMIケーブル
USBケーブル
GamePad
タッチペン
HDMIケーブル
ACアダプタ2種
※以下Premium
本体縦置スタンド
GamePad充電スタンド
GamePadプレイスタンド
HDD20GB
Wireless Controller
リモコン
D端子ケーブル
LANケーブル
ACアダプタ
単三電池4本
SIXAXIS
電源コード
ビデオケーブル
USBケーブル
LANケーブル

前回の記事でも言及しましたが、スペック的にはPS4に軍配が上がる感じです。一方、PS4と比較して$100高いXbox OneにはKinect2が同梱されていて、現行Kinectが$120程度ですから、実質的な本体価格はほぼ同額か、やや安価ではないかと思われます。

そして、何よりどんなゲームが出るかが重要です。一覧で見てみましょう。

※は独占タイトル

Xbox One PS4
■ロンチタイトル
・Forza Motorsport 5 ※ (Microsoft/TUNE 10)
・Quantum Break ※ (Microsoft/Remedy Entertainment)
・Ryse: Son of Rome ※ (Crytek)
■2013年
・Dead Rising 3 ※ (Capcom)
・Battlefield 4 (EA)
■2014年
・Halo Xbox One ※ (Microsoft/343 Industories)
・Titan Fall (Respawn Entertainment)
・The Witcher 3 Wild Hunt (CD Projekt RED)
■発売日未定
・Metal Gear Solid V: The Phantom Pain (Konami)
・Assassin’s Creed IV: Black Flag (Ubisoft)
・Call of Duty: Ghosts (Activision)
・FIFA 14 (EA)
・Madden NFL 25 (EA)
・Thief (Square Enix)
・UFC (EA)
・Watch Dogs (Ubisoft)
・Project Spark ※ (Microsoft)
・Killer Instinct ※ (Double Helix)
・Sunset Overdrive (Insomniac Games)
・D4 (Microsoft/Access Games)
・Minecraft: Xbox One Edition (Mojang AB)
・Crimson Dragon ※ (Microsoft/Grounding/Land Ho!)
・BELOW (Microsoft/Capy Games)
・Mirror’s Edge 2(仮) (EA)
・Kinect Sports Rivals ※ (Rare)
・LocoCycle (Microsoft/Twisted Pixel)
・Powerstar Golf ※ (Microsoft)
・Zoo Tycoon (Frontier Developments)
・Assassin’s Creed IV: Black Flag (Ubisoft)
・Basement Crawl
・Battlefield 4 (EA)
・Blacklight: Retribution [Free-to-Play]
・Call of Duty: Ghosts (Activision)
・Carmageddon: Reincarnation
・Cyberpunk 2077
・DC Universe Online [Free-to-Play]
・Daylight
・Deep Down
・Destiny
・Diablo III (Blizzard)
・Doki-Doki Universe [Free-to-Play] ※
・DriveClub ※
・Dying Light
・UFC (EA)
・The Evil Within
・FIFA 14 (EA)
・Final Fantasy XV (Square Enix)
・Hohokum
・inFAMOUS: Second Son ※
・Killzone: Shadow Fall ※ (SCE)
・Knack ※
・Lords of the Fallen
・Madden NFL 25 (EA)
・NBA 2K14 (2K Sports)
・NBA Live 14 (EA)
・Need for Speed Rivals (EA)
・The Pinball Arcade
・Planetside 2 [Free-to-Play]
・Primal Carnage: Genesis
・Rocketbirds 2: Evolution
・Shadow Warrior
・Silent Enemy
・Skylanders Swap Force
・Sniper Elite 3
・Super Motherload
・Super Stardust (Untitled)
・(Housemarqueの開発中タイトル。上のSSDとは別)
・Thief (Square Enix)
・Tiny Brains
・The Walking Dead: Season 2
・War Thunder: Ground Forces [Free-to-Play]
・Warframe [Free-to-Play] (Digital Extremes)
・Watch Dogs (Ubisoft)
・The Witcher 3: Wild Hunt (CD Projekt RED)
・The Witness
・Wolfenstein: The New Order (ZENIMAX MEDIA)

※発売日等、情報が確認出来次第順次更新していきます。

こうして見ると、インディーズ系のものも含まれていますが、PS4のタイトル数が圧倒的に多い感じです。また、Xbox Oneも粒揃いのタイトルを集めていて、特にローンチとなるCrytekのRyseは、まさに次世代といった印象でした。

なお、PS4、Xbox One、いずれも2013年の年末商戦に発売予定ですが、Xbox Oneについては日本国内での発売日が未発表となっています。一部では「かなり遅い発売になる」「発売されないかも」といった不安になる情報も見受けられますが、是非日本でも発売して欲しいものです。

↓クリック頂くと励みになります。
人気ブログランキングへ

2 thoughts on “E3にて次世代ハード遂に解禁!PlayStation 4 vs Xbox One

  1. says

    Hi admin, i found this post on 22 spot in google’s search results.

    I’m sure that your low rankings are caused by hi bounce
    rate. This is very important ranking factor. One of
    the biggest reason for high bounce rate is due to visitors hitting the back
    button. The higher your bounce rate the further down the search results your posts and pages will end up, so having reasonably low bounce
    rate is important for increasing your rankings naturally.
    There is very useful wordpress plugin which can help you.
    Just search in google for:
    Seyiny’s Bounce Plugin

  2. says

    Very informative article, i am regular reader of your site.
    I noticed that your website is outranked by many other websites in google’s search results.
    You deserve to be in top ten. I know what can help you,
    search in google for:
    Omond’s tips outsource the work

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。