いよいよ新型iPhoneが近日登場!?台湾メーカーが製造受注か

台湾の製造メーカーが、アップルから新型iPhoneの大量製造受注をした模様です。9月発売に向けての発注とのことですが、実体はiPhone5?それともiPhone4.x?詳細は続きからどうぞ!


(つづき)
台湾のニュースメディアDigitimesによると、Pegatron Technologyが2011年9月の出荷予定に向け、次期iPhoneの製造を1,500万台分受注したと報じています。このPegatron Technologyは昨年iPhone4の製造をアップルから1,000万台受注している経緯があることから、それなりに信憑性はありそうです。

また、米The Wall Street Journal(WSJ)も次世代iPhoneの製造について、アップルが複数の製造メーカーに合わせて2,500万台の生産を要請していると報じました。次世代iPhoneは現行のiPhone4よりも更に薄型になり、またソニー製の8Mピクセルカメラを搭載することが噂されています。また、このことから次世代iPhoneの生産は「複雑で困難」であり、生産スケジュールがずれ込む可能性もあるとのこと。

ちなみに私もiPhone4ユーザーですが、今のところ(電波以外に)大きな支障や遅さなどの不満はなく、さすがの完成度と感じています。次世代iPhoneにはiPad2で採用された新型CPUのA5が搭載されるなど、更に高速化と省電力が図られるそうですが、それだけではiPhone4ユーザーの買い替え欲求をそれほど強く刺激しない気がします。

もちろん、これまでアップルは単なるスペックアップ版をリリースするのではなく、必ず新機軸のサービスを併せて次世代へのスムーズな移行を実現してきました。今回も恐らく、スペックアップした次世代iPhoneを活かせるサービスとして、先日のWWDCで発表されたiCloudに加え、iOS5やその先の未来についても、近日発表があるのではないかとにらんでいます。

いずれにせよ、次世代iPhoneは既に生産段階まで来たということは素直に嬉しいニュースですね~!続報に期待しましょう。

[マイコミジャーナル] 台湾メーカーが次世代iPhoneの9月出荷に向け1500万台の製造オーダー受注か
[CNET Japan] アップル、次期「iPhone」の製造台数をメーカーに通達か–WSJ報道

Similar Posts:

↓クリック頂くと励みになります。
人気ブログランキングへ

4 thoughts on “いよいよ新型iPhoneが近日登場!?台湾メーカーが製造受注か

  1. Het hangt ervan af hoe je je video materiaal in elkaar wilt steken. Als je een perfect afgelijnd iets wilt, dan is het inderdaad tijdrovend maar velen doen het “on the fly”….gewoon de recording aanzetten en beginnen praten&surfen, etc om hun verhaal aan de man te brengen…op die manier kan het best snel gaan en het heeft ook wel iets….ongepolijst Dave

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。