Project Cafe、日経もタッチ機能付き液晶コントローラと報道

いよいよ数日後に迫ったE3。全ては数日で分かるというのに、憶測しようとする気持ちは高まるばかり。そんな中、任天堂新ゲーム機「Project Cafe」のコントローラはやはり液晶付きと、これまで以前から複数筋で伝えられていた内容が日経新聞からも報じられました。

詳細は続きからどうぞ!


(つづき)
日経新聞電子版は、次のようなタイトルで任天堂新型ゲーム機について報じています。

「Wii」後継機、コントローラーが携帯ゲーム機に

このコントローラは6インチのタッチパネルを備え、携帯型ゲーム機としても遊べるとのこと。また、カメラ機能も搭載しているため、本体側の映像に自分の顔などを反映させるなど、今までにない遊びを実現しているとのことです。

前回の記事でもお伝えしましたが、やはり「3DS」(場合によっては「DSi」も含む)もコントローラとして使えるようにして、家族や友達がみんなで集まって楽しめる任天堂らしいハードになる可能性も高いのではないかと憶測してしまいます。

それに加え、液晶付きコントローラだとどうしても高価になり、家族みんなに追加でコントローラ購入するのが難しくなります。それであれば、既に1億台以上普及していて、タッチパネルとWIFIが付いたDS/3DSをコントローラにするというのは、任天堂らしい発想ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

Similar Posts:

↓クリック頂くと励みになります。
人気ブログランキングへ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。