マイクロソフト次世代ハード「Xbox One」スペック徹底比較

xboxone日本時間5月22日深夜、マイクロソフトは次世代Xboxを発表するイベントを開催し、世界で累計7,600万台(2013年2月時点)販売された大ヒットゲーム機「Xbox360」の後継機となる「Xbox One」を発表しました。気になるスペック概要もお披露目されましたので、同じく近く発表されると噂されているPS4や現世代機と比較してみましょう。


では、まずはいつものように現在判明している各機種のスペック(PS4はリーク含む)を表にまとめてみましょう。

Xbox720 PS4 WiiU Xbox360 PS3
CPU x86-64 8core AMD x86-64 Jaguar 8cores IBM PowerPC “Espresso” 3cores 推定1.24GHz
推定80GFLOPS
[Xenon]
IBM PowerPCカスタム 3cores 3.2GHz
115.2GFLOPS
[Cell Broadband Engine] 3.2 GHz
IBM PowerPC Custom x 1 + SPE x 7
218GFLOPS
GPU AMD Radeonベース 1.2TFLOPS (噂) AMD 次世代Radeonベース 推定800MHz 1.84TFLOPS (噂) AMD AMD Radeonベース(RV770) 550MHz 推定500-600GFLOPS [Xenos]
ATI(AMD) RADEONカスタム 500MHz 240GFLOPS
[RSX]
nVIDIA GeForce 7800GTX(G70)カスタム 500MHz 224GFLOPS
Memory DDR3 8GB GDDR5 8GB DDR3 Main : 1GB
System : 1GB
合計2GB
DDR3 RAM(700MHz) 512MB (Main / VRAM共用)
eDRAM 10MB (GPU内)
Main : XDR DRAM(3.2 GHz) 256MB / VRAM : GDDR3(650 MHz) 256MB
操作 / リモート コントローラ / Kinnect2 / Xbox Grass コントローラ / PS Eye / PS Move / VITA / PS Mobile コントローラ / GAMEPAD コントローラ / Kinnect / Xbox Grass コントローラ / PS Eye / PS Move / VITA / PSP
画面出力 HDMI (4KTV対応) HDMI (4KTV対応) / アナログ出力 HDMI / Component / Composite HDMI / アナログ出力 HDMI / アナログ出力
Strage HDD 500GB 未定 Flashメモリ Basic 8GB / Premium 32GB
外部USBストレージサポート
HDD / 内蔵Flashメモリ HDD
Cloud Strage あり あり なし なし なし
互換性 互換なし 互換なし/クラウドによる配信サービス検討中 Wiiソフト・周辺機器に互換(一部除く)
Virtual Console(FC/SFC/GB等)
Xbox(一部/Emulation) PS1(Emulation) ※初期型のみPS2互換
ゲームインストール 可能(起動時ディスク不要) 未定 なし 可能(起動時ディスク必須) 対応ソフトのみ可能
操作 / リモート コントローラ / Kinnect2 / Xbox Grass コントローラ / PS Eye / PS Move / VITA / PS Mobile コントローラ / GAMEPAD コントローラ / Kinnect コントローラ / PS Eye / PS Move / VITA / PSP
音声操作 可能 未定 なし なし なし
オンラインサービス XboxLive PlayStation Network 任天堂ネットワーク XboxLive PlayStation Network
発売時期 2013年末 2013年末 2012年 2005年 2006年
発売当時価格 $300~$500(噂) $400前後(噂) Basic 26,250円 / Premium 31,500円 20GB 39,795円 20GB 49,800円 / 60GB 59,800円

こうして見ると、8コアCPU・メモリ8GB・4KTV対応・クラウドストレージ対応などXbox OneとPS4は非常に似ており、両者ともこれまで以上にPC寄りな構成になったと言えます。

一方、PS4はリーク情報でしかありませんが、「シングルチップ8コア」「一世代先のGPU」「帯域が広いGDDR5メモリ」など、スペック面ではPS4の方がXbox Oneよりも一歩リードしているように見えます。こなると、あとはどのような「ゲーム」「サービス」が提供されるかで勝負が決まると思います。

ゲームについては、Xbox Oneは「Forza Motorsports 5」「Quantum Break」や各種スポーツタイトル、PS4は「Killzone Shadow Fall」「Watch_Dogs」「Infamous」などがラインナップされています。そしてサービス面では、マイクロソフトは既にXbox360においても発売当初と比較して飛躍的に進化したサービスを提供しており、それの進化系が期待されます。一方、ソニーもSCE出身の平井氏がソニー本社の社長となり、より一層家電系のノウハウがPS4に注ぎ込まれるのではないかと思います。

また、個人的な印象として、正統派ゲーム機としてコアゲーマー寄りに攻めてきているPS4と比べ、ゲームだけでなくTVなどサービス範囲が広いXbox Oneは、かなりファミリー層狙いな印象を受けます。このことから、Xbox OneのライバルはPS4というよりGoogleTVやAppleTVなどのサービスなのかな、と思っています。

・・・ま、多分どちらも買うんですけどね!今後のXbox OneやPS4の更なる詳細発表を楽しみに待ちましょう。

↓クリック頂くと励みになります。
人気ブログランキングへ
GREE にシェア
LinkedIn にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
Facebook にシェア

One thought on “マイクロソフト次世代ハード「Xbox One」スペック徹底比較

  1. 名無しのリーク says

    香川県ルーちゃん餃子でおなじみのフジフーヅはバイトにパワハラで指切断の重傷を負わせた糞ブラック企業

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。